So-net無料ブログ作成
検索選択

比企寺(妙本寺) それから「<古都>鎌倉案内」の紹介 [鎌倉かいわい(鎌倉五山エリア)]

ほどのつづき。
134号線をあっちこっちついたり離れたりしながら、’鎌倉’の入り口滑川橋まできました。途中七里ヶ浜あたりで、飛行船を見た。何の広告がペイントされていたかは、海水浴に来てる人に悪いので、パス。


---------------------------------------------------------------------


すみませんやはり人でてました。いやになりそう。これでも3連休の最終日だから、少なめなんだろうなあ。というか、正午近くにこんな感じで太陽に立ち向かっていったらUVばんばん浴びまくりなんですが、気にしませんかそうですか('A`) 。


人混みは得意な方ではないので、若宮大路をすこしかすって鎌倉女学院のところで右折して小町大路へ入りました。たまに人が多く通ってるときもありますけど、基本的には空いている。                若宮大路よりはね('A`)

夷堂橋のたもとから右に折れて、妙本寺でひっそり休憩。小林秀雄と中原中也との因縁の場所。木漏れ日がきれい。「テーマパーク 鎌倉」(※後述の図書を参照)から残されて、海水浴場はもう別世界ですよ。


さてデイパックから水を取り出して存分摂取した後に帰路につきます。
さすがに鎌倉駅周辺は人が多いと思って、よけて通ることに。
扇ガ谷踏切のところから南下して御成トンネルをくぐって藤沢まで戻ってきました。とちゅう3人組の女性グループがHanakoを持っていろいろ調べていました。サライとか散歩の達人とか、この時期にはかならず特集組むんだなあ。(´Å`)

【きょうの行程】
[往路]辻堂図書館→辻堂海岸入り口→134号の側道経由で江の島水族館の前を通って小動岬→七里ヶ浜をつたって稲村ケ崎公園前を左折、住宅街を通り抜けて極楽寺駅→極楽寺切り通しをくだって坂の下→由比ヶ浜をつたって滑川橋を左折→鎌倉女学院で右折して途中で左折→県道311号線から大町四つ角交差点で小町大路へ入り夷堂橋から妙本寺でひっそり休憩。

[復路]小町大路を北上して金沢鎌倉線との三叉路で左折→八幡宮前→扇ガ谷踏切り→ちょっと南下して市役所前→御成トンネル→そのまま市役所通りをずっといって八雲神社前を右折→県道32号で南藤沢交差点まで→藤沢駅北口→辻堂駅 <およそ30km>
======================
(※)
【鎌倉の参考図書】
題:〈古都〉鎌倉案内
著:加藤 理
刊:洋泉社(洋泉社新書)
定価:720円+TAX
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4896916654/

普通の鎌倉の観光案内とはちがうもので、「古都」鎌倉のなりたちについて記された本。”鎌倉の魅力の根源”を、頼朝とかの「中世の都」に求めるのではなく、直接的には中世の都だったこととは異なるところに由来するのではないかという視点でかかれている。つまりは、ほかの歴史的要素(明治以降「保養地」としての鎌倉)による、と。近くは昭和45年の大阪万博の年にしかけられた旧国鉄のキャンペーン"Discover Japan"とか。むしろ古い。「いい日旅立ち」よりも前、か。
すこし齢のいった地元のひとは、親御さんとか近所のおじさんおばさんから伝え聞いて知っていることなんだろうなあという感じ。自分の住む「鎌倉」を見直す、という感じかも。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 2

コメント 3

sadazooさん、お久しぶりです。 お元気でしたか?
禁煙の方はいかがでしょう。

随分、頑張って走りましたネ。
往路と復路を拝見し、
思わずそのコ-スを頭の中で思い浮かべてしまいました^^
東海道線のひと駅って長いでしょう。 
辻堂から藤沢のひと駅だって電車だと4分かな、かなり乗ってる気がするけど
そこからまた鎌倉市街を走ったとの事、30Kmとはさすがですネ☆
この緑眩しい鎌倉の風情は、とっても素敵です。。。
by (2005-07-19 22:15) 

sadazoo

pastさん;
こんばんは。実にお久しぶりです。お元気でしたか? Blogを久しぶりに拝見しました。あいかわらず写真の色がとてもきれいでうらやましいです。
実走時間は2時間ていどだったのですが、腕の表側が赤く腫れています。こんどはめんどくさがらずUVケアして出かけることにします。('A`)
by sadazoo (2005-07-19 23:31) 

sadazoo

>往路と復路を拝見し、
>思わずそのコ-スを頭の中で思い浮かべてしまいました^^
いま思いだしたのですが、落語の「黄金餅」のようだなあと。
この演目について、上手に説明しているHPがありましたのでここを紹介いたします。
http://www.belgard.co.jp/sour etsu0.html
昨今は市町村合併が流行病のように次々とありますが、町名は換えてくれるなよと言いたいですよ。ほんとに。
by sadazoo (2005-07-21 21:12)
by sadazoo (2005-07-21 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。