So-net無料ブログ作成

雨の日の江の島と裏ルート [江の島や腰越]

10月になって涼しくなってきました。大佛次郎先生ではありませんが

『「とうとう僕等の秋になったね」
 一日の午少し前、画家のFは、僕の「山の家」へ訪ねて来ると、縁へ腰を下ろすなり、直ぐこう言った。僕もその目を迎えて、快く微笑した。
まったくぼくらの秋が来たのだ。(後略)』
<大仏次郎「鎌倉大仏裏」(<古都>鎌倉案内~加藤理:洋泉社新書より孫引き)>

というところでしょうか。それは鎌倉のことをいったものですが。
先週末は雨でしたが、久しぶりに小田急電車で江の島に行ってみました。地場の人間としては、雨のほうが人が少なくてよいのです。

江の島に来た人が、てっぺんの植物園
(いまではサミュエル・コッキング苑&展望台)を
目ざして一番多く通るのは島中央の参道でしょう。
そのつぎは「裏参道」---辺津宮手前の交番を
右に折れて島の西端をいくルート。晴れた日、
とくに夕暮れ時は富士山がきれい---だと
思うのですが、もうひとつ、島の東側から
上がっていく道があります。にぎやかに
呼び込みをしている参道とはまたちがう、
いわゆる「イイ感じ」の食堂とか、釣りの餌など
置いているお店のあいだを抜けていくと
マジック書きの札が出ています。
「頂上への道」とか書いてある。
なんか歌のタイトル?



そういう標識は出ているの
ですが、人の家のあいだを
すり抜けていくので
そんなにおもしろくありません。
玄関があいてると部屋の中が
見えたりして気まづい。



 

中津宮の手前、児玉神社の脇で参道と合流します。

道の途中で売り家を見ました。ペンキ塗りの
褪せた門の上には、雨粒がクモの張った
巣について鈍く光っています。

階段ばかりだし、足腰が弱ってくるとここは
住みづらいよなあとしばし耽りました。









腰越駅の裏側(海と反対がわ)から撮影


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

enoshima

江の島には、裏磯へ釣りによく出かけるのですが、
「頂上への道」存在知りませんでした、
リスとかアライグマに出会えるかも?しれませんね。
by enoshima (2006-10-04 21:38) 

sadazoo

こんばんは、コメントありがとうございます。
わたしも使ってみたのは今回はじめてです。
当たりまえですが、おもて/裏の参道と違う生活通路なので
ウルトラドメスティックでした。
by sadazoo (2006-10-04 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。